ブログ


こんにちは、相模ファミリーホールの佐藤です。

先日、横浜のディナークルーズに行きました。

普段では行かないので、子供達は大はしゃぎ。
私は職業柄でしょうか、スタッフの接客
とても勉強になりました。

サプライズで誕生日や結婚記念日の
お客様にはピアノとフルートの生演奏
写真撮影や子供達にはバルーンアート

お客様の心に残る時間を過ごしてける様、
工夫されたサービスがありました。

当社でもオリジナルサービスがございますので、
是非一度話を聞きに来てみませんか。、

相模ファミリーホールでは、3月27日(日)
施設見学会を開催いたします。是非お越しくださいませ。

相模ファミリーホールの詳細・ご案内はこちらから≫≫

 

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

相模ファミリーホールの佐藤です。

先日、春一番が吹きましたね。
とても風は強かったですが、気温は暖かく
春の訪れを感じました。

なのに、次の日は雨まじりですが雪まで降る寒さ。
体調管理には十分お気を付け下さい。

ところで、皆様は「 雨一番 」と言う言葉をご存知ですか。

私は先日、北海道から御会葬にいらっしゃった
お客様から初めて聞きました。

「 雨一番 」とは、北国で雪がまじらないで降る雨の事。
その雨が降る事で春の訪れを感じるそうです。

「私もまだまだ知らない事がたくさんあるのだな」
と良い勉強になりました。

皆様もご葬儀の事を知る機会は
なかなか無いと思います。

少しでもお役に立ちたく、相模ファミリーホールでは
2月27日(土)施設見学会を開催いたします。
是非お越しくださいませ。

相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

まだまだ、寒さが続く今日この頃ですが、
皆様いかがおすごしでしょうか?相模斎場の倉本です。

今月21日に、相模原ターゲットバードゴルフ会員様
に向けた個別相談会を開催させて頂きます。

今回の開催は2度目ですが、多くの会員様にお越し頂き、
勉強会と個別でのご相談を承ります。

サン・ライフは、何よりも地域との交流を大切にしております。

ご依頼があれば、相談会を別日程で開催いたしますし、
終活の講習会をはじめ、皆様のご要望に適したご提案を致します。

今回の相談会では、ターゲットバードゴルフ協会様のための
オリジナルの祭壇制作に取り組み、
もしもの時は
自分の個性を重視したご葬儀ができる事を理解して頂けるよう努めます。

ご葬儀とは、1つのプランしかないのではなく、
あくまでその方の個性・人間性をどのようにして
ご会葬して頂いた皆様に知って頂くかが重要だと考えております。

よって、祭壇は100人いれば100通り以上種類があるでしょうし、
重要視したい場面も様々です。

私たちサン・ライフ職員は、皆様方の心に寄り添い、
皆様の表現したいご葬儀を実現させたいと考えております。

ご葬儀の相談会はどこででも開催させていただきます。
興味
がある方はいつでもご連絡お待ちしております。

また、相模斎場では2月27日(土)に施設見学会を開催します。
斎場にはどのような設備があるのか、またどのような時に必要なのか等
実際にご覧いただける機会となっております。お気軽にお越しください。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔

相模斎場の倉本です。そろそろ花粉の季節が始まりますが、
花粉症の方々、準備は万端でしょうか?この季節から、毎年恒例の
花粉症の情報番組や、花粉症対策や、花粉の飛散状況など
紹介されるようになっていきます。

早春から初夏にかけて、花粉症の方はこれ程つらい季節はないと思います。
実は私もそのつらい花粉症を持つ一人です。このつらさから逃れようと、
花粉症の人はいろいろな対策をし、いろいろな情報を仕入れ、
さらに自分に効くかわからない商品を買ってしまう事もあります。

ちなみに、私は花粉症予防の防護ゴーグルをインターネットにて購入しました。
私には合っていなかったようで、効き目は薄かったような気がします。

商品知識がなく、また同じような商品が出回っている中、自分に合っている物を選んで
その商品を購入する。…意外と難しい事なのだと昨年実感いたしました。

商品決定の際には、やはりインターネットよりも、その商品を手に取って実際に使用し、
その実感、またはその商品の説明を店員さんに伺った上で、決定をする事が大事でした。

それでは、ご葬儀における商品決定のポイントは何でしょうか?

ご葬儀は、いつ・どこで必要になるかは、花粉症と違いまったく予測ができません。
なので、何かを購入するときよりも注意して、その商品を、また依頼する会社を
選ばなくてはなりません。
ご葬儀においては、この事が、何よりも難しいのだと思います。

突然の出来事の中、依頼する会社をインターネットで焦りながら探したり
病院に紹介された会社を
その場で信用して、
自分たちの思う通りのご葬儀をするのは大変難しいことです。

私たちサン・ライフでは、施設でも・ご自宅でも・電話でも。
皆様のご希望を伺いご相談を承っております。

花粉症だけではなく、事前にご葬儀の対策もしておきませんか?

ご相談は”何かあった時”では手遅れになってしまいます。
1度でも相談すること、悩みがあるのなら、打ち明ける事が第一歩だと思います。

皆様の相談を親身になって、受ける事ができるスタッフが当社には揃っています。
1度で構いません。皆様の不安を解決、または和らげて差し上げる事ができればと
思っている次第でございます。どうぞご検討ください。

相模斎場では、2月27日(土)に施設見学会を開催いたします。
お気軽にお問い合わせください。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔

日に日に寒さが厳しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
相模ファミリーホールの佐藤です。

年が明けてから早いもので、もう1ヶ月が過ぎようとしています。
年々、あっと言う間に1ヶ月が過ぎて行き、
あっと言う間に1年が過ぎて行く様な気がします。

ご葬儀の時は、限られた時間のなかで打ち合わせをして、
お通夜、葬儀と行ってまいります。
その時、一から打ち合わせしていくより、
事前に「見学」「相談」をしていただく事で、
限られたお別れの時間を
「あっと言う間」ではなく、「ゆっくり」過ごしていただけると思います。

相模ファミリーホールおよび相模斎場では、
2月27日施設見学会を開催いたしますので、是非お越しくださいませ。

相模ファミリーホール(相模斎場)の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

 

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

寒い日が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
相模斎場の倉本です。今月はも舞い、地面を白く染めましたが
体調は崩していませんか?
大丈夫でしょうか?
インフルエンザの時期にもなりますので、
体調には十分お気を付けいただければと思います。

相模斎場には今月相陽中学校より、学生達が職業体験実習に訪れました。
社会に出た事は無いものの、ひたむきに仕事をする姿勢に、
なんだか私たち方が大切なものを学んだ気がしました。

中学生ですと、まだアルバイト経験もなく、部活動に明け暮れる毎日の中、
社会の現場を実際に自分の目で見て、肌で感じることは、
将来とても役に立つ事だったと思います。

この体験では、「ご葬儀」という職業柄、接客に関しては体験して頂く事が
できませんでしたが、環境整備や、実例を挙げて宗教儀礼を勉強して頂きました。

3日間の講習でしたが、初日と3日目では全く違う表情をした学生を
目の当たりにしたとき、私たちと学生の違いにとても驚かされました。

学生と私たちの違い、それは“取り組むこと”に対しての姿勢です。

未体験の事をしている彼らは、何事にも一生懸命にあたります。
環境整備にしろ、1日の中での時間配分を考え、長期的に見て、1箇所ずつ行っていく。
私たちに比べ、学生の皆さんはいかに早く全力で頑張れるか、
そして、いかにその仕事を楽しめるかという点において仕事をしていました。

掃除という一つの仕事にを楽しみを見出し、頑張るその姿勢は
見ていて気持ちが良く、
私たち職員も見習う部分であると感じました。

また、学生達には職業体験実習を通じて、何かをしてお金を稼ぐことの大切さや、
苦労して育ててくれているご両親の大切さに気付いて頂く事を目標にしていました。
この体験を通して、最後には「両親に感謝の言葉を言いたいです。」
と言って頂けた、良い実習であったと感じました。

私たち相模斎場は、このように年に数回、職業体験の学生を受け入れ、
職業体験を通じて、仕事とは何か・仕事をするという事はどのような事なのか
を知っていただく機会を作っています。

ご葬儀に携わっている、私たちだからこそできる職業体験を行っています。

また、それ以上に学生達のその元気さや取り組む姿勢から、
私たち自身も、自分を見つめなおす機会になっています。
日々、明るく元気な相模斎場を目指し、皆様のお手伝いをさせて頂ければと思います。

 葬儀 = 相模斎場 = 暗い

という印象ではなく、

 相模斎場 = 元気なスタッフ

という印象を目指して、頑張らせて頂きます。

心配事には親身になり、落ち込んだ時には支えとなり、
皆さまに元気を分けられるようなスタッフが対応をさせて頂きます。
そんな相模斎場を、これからもよろしくお願いいたします。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔

暖冬と言われておりますが、1月に入り急に寒さが増しましたね。
相模ファミリーホールの佐藤です。体調を崩さぬ様、ご自愛ください。

先日、が降り積もりましたね。子供達は大喜びで、
いつもより早く起き、学校から帰って来ては、雪だるまを作っていました。

テレビでは雪の影響で車の事故や、歩行者の転倒などが報道されており、
事前に雪が降ると知っていても、防ぎきれない事もあります。

ただ、知っているのと、全く知らないでいるのでは、大分違うと思います。

事前に準備する事により、当日、少しでも心配がなくなるなら、
事前に準備する事は必要だと思います

相模ファミリーホールでは、
1月30日施設見学会を開催いたしますので、是非お越しくださいませ。

遅くなりましたが、今年も家族葬の相模ファミリーホールどうぞよろしくお願いします。

相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

こんにちは。相模斎場の倉本です。暖かい日と寒い日が交互に来て
気候が安定しない毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

2016年が始まりましたね。
今年は申年という事ですが、皆様はサルにちなんだ物を購入しましたか?
私はサルのキーホルダーを購入して、申年がいい1年になるよう祈願いたしました。

私に限らず、多くの方が何かに願掛けをされているかと思います。
お祈りする対象は、流れ星や神社、お守りなど、様々な対象があります。

いいことを継続したいとき、悪いことが起きないように、これからどうしたいか、
こうなりたい、こうしたい、こんなことがあったらな…。
いつ叶うかわからないことでも、心から願いを込めます。

受験に合格したい人は、受かりますようにと願いを込めます。
しかし、現実に合格するためには、それに対する努力を積み重ねます。
プロサッカー選手になりたい人は、試験に合格しますようにと願いを込め、
それに対して、努力を積み重ねます。

ご葬儀も同様です。
心の中である時、ふと、僕に・私に何かあったら…と、
思ったら、それが将来を思い描くタイミングです。
 ”将来こうしたい。”
と願いを込めるタイミングです。

ただ、多くの方が、どのように思い描けばいいか、
どのような式があるのか、知りません。

これが、結婚式ならある程度思い描けるでしょう。
花火を打ち上げたり、ゴンドラに乗ったり、ビールサーバーを使用したり。

思い描く、そのタイミングを見失わないでください。
タイミングを見失うと、そのタイミングは訪れません。

もし、思い描こうと決めたなら、そのお手伝いは私たちスタッフにお任せ下さい。
皆様のそのイメージを現実にできるスタッフが、当社にはそろっております。

相模斎場では、1月30日個別相談会を開催いたします。
葬祭ディレクターがマンツーマンで、皆様の不安や質問にお答えします。

もし、このブログが目に付いた方、この文章を読んだ方。
今がそのタイミングです。

24時間いつでもお電話を承っておりますので、
お気軽にお電話下さい。お待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔
℡ 042-746-1114

こんにちは、相模ファミリーホールの佐藤です。

私は今年、相模ファミリーホールの支配人になり、ブログを通して
皆様に相模斎場 / 相模ファミリーホールのご案内をさせて頂きました。

ただ「百聞は一見にしかず」と、ことわざにあるように、
皆様にはぜひご来館の上、相模斎場 / 相模ファミリーホールをご見学いただき、
私たちに相談していただきたいと、心より思っております。

来年も個別相談会・施設見学会を定期的に行ってまいります。
次回は1月24日個別相談会を行いますので、是非お越し下さいませ。

スタッフ一同、心よりおまちしております。

相模ファミリーホール / 相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

例年よりは、暖かい日々が続く今日この頃ですが、
皆様は年末の大掃除終える事ができましたか?
相模斎場の倉本です。

相模斎場は、来年に向けて大掃除を計画・実行している最中でございます。

大掃除は、計画的を立て、準備するもの・掃除する手順など
一つ一つ決めていくことで、当日何一つ焦らずに行う事ができますので、
当日は 「計画をしていてよかったな~」 と感じます。

実は、ご葬儀においても同じことです。

ご葬儀のお手伝いを日常的に行っていると、
“準備を行っておらず、いざという時に慌ててしまう方”
“事前準備をしっかりしていて落ち着いている方”
の2通りの方がいらっしゃいます。

『事前準備』…と言われると 「やりたくないな~…」
と考えられる方も多いでしょうが、
『事前確認』『事前理解…と考えるとどうでしょうか?

事前に考える事ができるなら、
その時に自分がどのように動いたらいいのか、
どこにどのような手順で連絡をしたらいいのか、
何を準備しなくてはいけないのかが見えてきます。

ご葬儀における“喪主”を務める事。
これは簡単な事ではありません。

悲しみの中でもやり遂げなくてはいけない、大変な務めです。

少しでも理解して、行動ができたなら、
大切な人とのお別れの時間が、その分だけ作れるのではないでしょうか?
大切な人の近くに、少しでも長く寄り添えるのではないでしょうか?

もし、悲しいことが自分の身に起こってしまった時、
自分の大切な人に起こってしまった時、

ゆっくりとお別れができる時間を作れるように、
大切な思い出を語り合うその時間を作れるように、

サン・ライフの職員である、私たちがいます。

私たち職員を頼って下さい。

皆様方の不安を少しでも取り除ける
お手伝いができるなら、私たちは時間を惜しみません。

相模斎場では、皆様の不安を聞き取れるスタッフが、常時在中しております。
不安を共有できる・取り除けるお手伝いをさせて頂きます。

相模斎場 / 相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔