ブログ


こんにちは。相模斎場の倉本です。
日差しが刺すような暑さになってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年はこの分だと熱中症にかかる方も多くなりそうなので、水分補給をこまめにとり、
体調管理には十分気を付けましょう!

さて、本日は熱中症についてお話しいたします。

夏に起こりやすい熱中症。
そもそも熱中症とは、暑い環境の中で身体が暑さに適応できずにおきる症状のことです。

主な症状としてはめまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、異常な発汗、
汗が出なくなる、体温が異常に上昇する…など多岐に渡ります。少し体調が悪いな~、
という場合でも、もしかしたら熱中症になっているのかもしれないと思うと怖いですね。

熱中症である場合、程度によらず適切な措置を取らないと、最悪の場合亡くなってしまう
ことや、脳機能障害などの後遺症を残すこともあるそうです。ですので、くれぐれも
気を付けて、水分補給や適度な休息をとるようにしてください。

さて、気を付けていても熱中症になってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。
熱中症になった時、身体の中では脱水と体温の上昇により血流が低下し、
臓器の機能が上手く機能しない、多臓器不全という状態になっています。

ですので、まずは体温を下げ脱水症状から回復する必要があります。
日陰にて安静にし、太い血管のある首、両脇、足の付け根を冷やしてください。
または水をかける、浸かるなどして体温を下げる方法もあります。
また、意識がある場合は水分補給をしましょう。経口補水液や食塩水が効果的です。
ただし、意識がない場合は気管支などに入り危険ですし、何より命の危険がありますので
ただちに救急車を呼んでください。痙攣症状がある場合も同じです。

水分の補給ができても、手足のしびれ、吐き気、疲労感などの症状が解消しない場合は
医療機関での診察を受けてください。回復できていない可能性があります。

さて、長々と綴らせていただきましたが、熱中症の危険性、対処法はご理解いただけたでしょうか?
このブログを通して、熱中症被害が少しでも減少するよう願っております。
人の体は少しの変化でも死の危険性が伴うことを知っていただければ幸いです。

私たちは、いつどんなことが誰に起こるのか、全く分からないまま生きています。
もし、このブログを機会に終活を考える方がいらっしゃるなら、
7月30日(土)に相模斎場にて、ご葬儀展示会を行いますのでぜひご参加ください。
ご予約・お問い合わせお待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私は夜間当直を担当しております光本と申します。

先日、「最高の人生の見つけ方」という映画を観ました。
非常に見応えもあり、是非皆様にもお勧めしたいと思い、
今回はその映画のお話をさせて頂きます。

この映画は、余命宣告をされた二人の初老の男性が、
「死ぬまでにやりたい事を紙に箇条書きにして、
 それを一つずつ実現させていく」というストーリーです。

ちなみに彼らのやりたい事と言うのは…
「荘厳な景色を見る」
「世界一の美女とキスをする」
などなど…他にもたくさん項目はありましたが、
上記の二つの項目が特に印象的でした。

叶うのかどうかは秘密にしておきますが、
リストに書かれた事をどのように二人が実現していくのか…
あるいは全部の項目が実現出来ないで終わってしまうのか…
想像力を働かせながら観る事の出来る映画でした。

余命宣告を受け止め、「死」を意識しながらも、
自分のやりたかった事を残り僅かな余命の中で考え、
それを全力で実現させようと、努力していく二人の姿には
色々と考えさせられる事がありました。

私も、自分自身の生き方を自分なりに見つめなおして、
改めて自分のやりたかった事を考えてみたいと思います。
この二人のように、自分の人生を大切に生きていきたいですね。

また、「終活」という言葉が、もうだいぶ浸透してきていますが、
自分自身の葬儀についても、事前に考え、準備を行いたいと
思われる方が増えてきています。

私たちサン・ライフの職員一同も、そんな皆様を
精一杯お手伝いさせて頂きたいと思います。
些細な事でも構いません。何かご相談したい事が
ありましたら、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

さて、相模斎場・相模ファミリーホールでは
毎月、施設展示会を行っております。
7月は30日の土曜日に行いますので、是非おこし下さい。
皆様のご来館をスタッフ一同、お待ちしております。

相模ファミリーホール / 相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

 

相模ファミリーホール 光本剛士

相模ファミリーホールの佐藤です。
先日、テレビで「終活」について取り上げた番組がやっていました。

個人的には、あまり「終活」という言葉は好きではありませんが
職業柄、観てしまいました。

「終活」を調べてみると
「人生の終わりの為の活動」と後ろ向きな活動のイメージが出てきたりします。
確かにそれだと「終活をしよう」とは、なかなか思わないですよね。

ですが、その番組では、
「人生の不安な事、心配な事を解消し残りの人生を楽しむ為の活動」と、
むしろ前向きな活動だと放送していました。

相模斎場/相模ファミリーホールでも3月27日に施設見学会を開催いたしますので、
是非一度私達に不安な事、心配な事を相談してみませんか。
皆さんのお越しをお待ちしております。

相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

こんにちは、相模ファミリーホールの佐藤です。

10月18日に、相模斎場・相模ファミリーホールにて個別相談会を開催致しました。
当日は5組のお客様とお話しさせていただきました。

その内の1組のお客様は、先月の個別相談会にも来ていただいた方です。
「相談したい事が出てきたので、また来てしまいました。佐藤さんお忙しいのにすみません」
とおっしゃられたその言葉を聞いた私は、とても嬉しく思いました。

名前を憶えていただき、気軽に来ていただき、相談していただける、
そんな身近なホールでありたいと思います。

世の中にはたくさんの職業がある中、私はたまたま葬儀社を選択致しました。
今後も多くのご家族様のお手伝いが出来る様に、頑張って行こうと思います。

相模ファミリーホール及び相模斎場では、
11月28日(土)に施設見学会を開催いたします。
皆様のご来館を心よりお待ちしています。

相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

相模斎場の倉本です。
9月19日、歴史的瞬間が訪れたことを皆様もご存じだとは思いますが、
ここであえて話題に上げさせて頂きます。

ラグビー日本代表が強豪南アフリカを下し、24年ぶりの大勝利を収めました。
同じ日本人として、私は彼らを誇りに思います。
“負けて当たり前。勝つことはできない。20点差で負ければ御の字。”
そう負ける事を予想されていた中での、ジャイアントキリングを見事に起こしてくれました。

日本の勝利を奇跡と称える、インターネットの書き込みや、新聞が溢れ、
まさにこの1つの勝利が彼らを英雄へと押し上げました。
それまでラグビーを知らなかったのに、この試合を見てファンになった方も多いのではないでしょうか。

この勝利は確かに奇跡的かもしれませんが、その一言で片づけてはいけないと思います。
劇的な勝利に至った最大の要因は、日本ラグビー代表が一致団結をして一歩一歩前進したことです。
その気持ち、その行動が、この度の結果につながったのではないでしょうか。

これはご葬儀の場面にも置き換える事ができると思います。
ご葬儀は、一人ですべてを運営することはできません。
周りの方々の力を借りて、そうしてやっと成功させる事ができます。
そのためには、事前の準備が必要です。

ラグビー日本代表も、奇跡で勝利したわけではありません。
地道に練習し、復習し、準備をしっかりしたからこそ、成功を収める事ができました。
ご葬儀も同様に、事前に相談をして、知識を得た上で備えることが必要です。
ご葬儀はラグビーの試合と違い、何時になるかは決める事ができません。
そのため、事前の準備は早すぎても損はないと思います。

皆様のご不安を解消し、将来に備えていただく為に、
相模斎場では10月18日(日)に個別相談会を開催いたします。
事前の備えをしっかり行い、いつ来るかはわからないその日に向けて、
ラグビー日本代表のように、しっかりとした事前準備をしませんか。

ご自身が納得できるご葬儀を、当社の葬祭ディレクター
皆様と共に、情熱をもって考えさせて頂きます。
皆様の力になれるよう、私たちスタッフ一同も準備を整えお待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔

初めまして。
サン・ライフ相模斎場で館長をしております、加門 聡子と申します。

お客様に心地よい空間をご提供できますよう、日々清掃に励んでおります。
只今の清掃箇所はエアコンフィルターを掃除しています。
節電の効果もありますが、皆様に少しでも綺麗な空気を、と思い掃除してます。

綺麗になったフィルターを残念ながらお見せできませんが…。

他の場所も掃除していますので、
8月15日の土曜日に開催される施設見学にご来館された際には、
ぜひ!私たちの清掃の成果をご覧ください。

また、他にお気付きの場所がありましたら
気軽にお声掛けして頂き、ご指摘頂ければと思います。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場館長 加門聡子

8月も後半に差し掛かろうとしていますが、まだ暑さは夏本番!
そんな中、私、初めてセミの羽化を見ました!

場所は相模斎場の駐車場。
見つけた時は、今年初めての抜け殻だなぁ、と思っていたら…
なんと動いているじゃあないですか!
興奮のあまり近くにいた男性スタッフに声を掛け、
一緒に童心に戻りながら携帯で写真を撮り、しばらく観察しました。
みるみるうちに羽が広がる様に「意外と早いね」とつぶやきながらも、
土の中で何年も過ごした後、今まさに成虫へと進化する姿に釘付けです。

sagami.jpg
(上:童心に戻りながら撮ったセミの写真)

でもやっと成虫になっても、空を飛び大きな声で鳴く期間は数日。
儚い一生だなぁと想いにふけ、ふと人間もそう大きくは変わらないのかもしれないと思いました。
「人生50年」と言われた時代から、今や平均寿命は80年を超えるまでになっています。
これが長いのか短いのかは人それぞれだと思いますが、「死」は必ず先に待っているのです。

セミであれ、人であれ、いずれ「死」を迎えることは揺るぎない事実。
では、私たちはそれをただ待つことしかできないのでしょうか?
私は、まず「死」は必ず起こることだという事実に向き合うことが大事だと思います。
その行動のひとつとして、事前にご自身のご葬儀についてご相談いただける「生前相談」があります。

「生前相談」では、昨今定着した「家族葬」「一日葬」についてから、お墓や相続、
独居の方が亡くなられた後の遺品整理・回収まで、幅広くご相談いただけます。
ご葬儀そのものからその後の回忌法要まで、皆様のご不安をご安心に変えるべく、
自信を持ってお手伝いさせていただきます。

来月9月6日(土)には施設見学会
また9月18日(木には個別相談会を開催します。
ご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。

相模斎場の詳細、お問い合わせはこちらから≫≫

                                   相模斎場支配人 水谷康二