ブログ


相模ファミリーホールの佐藤です。先日、子供の授業参観に行きました。
普段は見られない子供の授業風景を見れて、とても良い休日でした。

最近の授業参観は、私が子供の頃とは大分変わりましたね。

まずお父さんお母さん達の服装。今はいつも通りの普段着です。
親の立場からするととても楽で良いですけど、
私の子供の頃の授業参観というと、ほとんどの親はスーツでした。
中には着物の方もいた様に思います。

また授業の教科は音楽でした。
パソコンから流される音楽とともに子供達が歌うのが、
「ゆず」の『OLA!!』。 びっくりしました。

お葬式もだんだんとお棺、お骨壺の種類が増えており、
祭壇も白木祭壇からお花でできた花祭壇を選ぶ方が多くなってきました。

相模ファミリーホールおよび相模斎場では、
11月28日(土)に施設見学会を開催いたします。
見学会ではお棺やお骨壺を展示させていただきますので、
ぜひご覧になって下さい。皆様のご来館を心よりお待ちしています。

相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模ファミリーホール支配人 佐藤隆司

先日個別相談会を開催し、6組のお客様とお話ししました。

最近は特に家族葬の形でお葬式をしたいというご要望を多く聞きます。
いつの間にかこの言葉が定着したなあと、今回の相談会で改めて思いました。

そんな中でも、皆様からのご質問で多いのが、
家族葬ってどこまで関係のあった人を呼んでいいの?」というものです。

「家族」葬というだけあって、「家族」しか呼べないのでしょうか。
家族同然にお世話になったあの人は…?そもそも「家族」の定義って…?
皆様のお気持ち、とてもよくわかります。

実は、これといった定義があるわけではありません。
「家族だけ」「家族と兄弟や親戚」更には「ごく親しい友人まで」など、
ご当家様ごとに異なります、とお答えしております。

このように、「家族葬」といってもお呼びする方の決めかただけで多くの選択肢があります。
ましてや残されたご家族だけで決めるとなれば、大変お困りだろうということで、
私どもはご相談いただいた方にエンディングノートをお渡ししております。

エンディングノートとは、自分が亡くなるまでにどう過ごしたいか、やっておきたい事は何か、
残していく家族へ対し、自身ご葬儀はどのように行なってほしいか…。
そういったご自身の「エンディングプラン」をまとめていただくノートのことです。

残されるご家族のためだけではなく、自身の人生を振り返る良い機会になったと、
ご利用いただいたお客様からも感謝のお言葉を頂いております。

エンディングノートのお渡し、ご相談のご予約はいつでも承っております。
お気軽にご連絡ください。

P.S.
相模斎場では7月5日(土)10時より、施設見学会を開催します。
ちょっと個別での相談は…と躊躇される方は、是非こちらにご参加ください!
なんと!無料で通夜料理の試食会もあります。
職員一同、心よりお待ちしております。

ご予約・相模斎場の詳細はこちら

相模斎場支配人 水谷康二