ブログ


 

こんにちは。相模斎場の冨田です。
もう2月も終盤になり、ようやく春に近づいたかと思いきや
まだまだ寒い日が続きそうですね。
みなさまはいかがお過ごしでしょうが。
先日、自宅で何気なく見ていたテレビで
「お墓参りや仏壇での作法やしきたり」について取り上げた番組がやっていました。
つい職業柄、観てしまいました。
その中で「お仏壇にて 手を合わせる時に やってはいけない作法」という題材で

① 「お線香にライターで火をつける」
② 「お線香の火を口で吹き消す」
③ 「リンを鳴らして拝む」
この中でやってはいけない作法とは? という問題が出されていました。
出演者のほとんどがライターで火をつける。火を口で吹き消す。
というのは良くないと答えていました。

それに対し、お寺のご住職はというと
① ライターで火をつける…ろうそくで火をつけるのが好ましいが、
ろうそくが無いのであればライターで火をつけても問題はない。

② 火を口で吹き消す…絶対にやってはいけない行為。
口は災いの元とも言いますが、仏様に供えるお線香を口で汚してしまう行為になります。

③ リンを鳴らして拝む…リンはお経を唱える時に使うもので、
ご先祖を呼ぶ為の呼び鈴ではありません。
リンを鳴らすのはお経の合図ですので鳴らしたら、お経やお題目を唱えましょう。
と解答されていました。

どうでしょう。なかなか難しい問題だったのではないでしょうか。
このようなことは、みなさま疑問に思っていても
なかなか勉強する機会は無いと思います。

相模斎場・相模ファミリーホールでも
今月 3月17日(土)ご葬儀展示会を開催いたしますので、
是非一度私達に不安な事、心配な事を相談してみませんか。
専門スタッフがしっかりとご相談させていただきますので、
この機会にぜひ、ご来館いただければと思います。

それでは、当日 みなさまのご来館を
相模斎場スタッフ一同 心よりお待ちしております。
まだまだ寒い日が続きますので
どうぞお体にはお気を付けください。

相模斎場・相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

 

相模斎場・相模ファミリーホール 副支配人 冨田あずさ