ブログ


こんにちは。相模斎場の倉本です。暖かい日と寒い日が交互に来て
気候が安定しない毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

2016年が始まりましたね。
今年は申年という事ですが、皆様はサルにちなんだ物を購入しましたか?
私はサルのキーホルダーを購入して、申年がいい1年になるよう祈願いたしました。

私に限らず、多くの方が何かに願掛けをされているかと思います。
お祈りする対象は、流れ星や神社、お守りなど、様々な対象があります。

いいことを継続したいとき、悪いことが起きないように、これからどうしたいか、
こうなりたい、こうしたい、こんなことがあったらな…。
いつ叶うかわからないことでも、心から願いを込めます。

受験に合格したい人は、受かりますようにと願いを込めます。
しかし、現実に合格するためには、それに対する努力を積み重ねます。
プロサッカー選手になりたい人は、試験に合格しますようにと願いを込め、
それに対して、努力を積み重ねます。

ご葬儀も同様です。
心の中である時、ふと、僕に・私に何かあったら…と、
思ったら、それが将来を思い描くタイミングです。
 ”将来こうしたい。”
と願いを込めるタイミングです。

ただ、多くの方が、どのように思い描けばいいか、
どのような式があるのか、知りません。

これが、結婚式ならある程度思い描けるでしょう。
花火を打ち上げたり、ゴンドラに乗ったり、ビールサーバーを使用したり。

思い描く、そのタイミングを見失わないでください。
タイミングを見失うと、そのタイミングは訪れません。

もし、思い描こうと決めたなら、そのお手伝いは私たちスタッフにお任せ下さい。
皆様のそのイメージを現実にできるスタッフが、当社にはそろっております。

相模斎場では、1月30日個別相談会を開催いたします。
葬祭ディレクターがマンツーマンで、皆様の不安や質問にお答えします。

もし、このブログが目に付いた方、この文章を読んだ方。
今がそのタイミングです。

24時間いつでもお電話を承っておりますので、
お気軽にお電話下さい。お待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔
℡ 042-746-1114