ブログ


急激に冷えてきましたね。相模斎場の倉本です。
皆様、風邪はひいていませんか?大丈夫ですか?

相模斎場では、先日中学生が3日間、職業体験に来ました。
今回はその中のお話をさせて頂きます。

その日も丁度、最近のように寒い日でした。
職業体験とはいえ、職業柄全てを経験してもらう事はできないので、清掃等の
環境整備から自由見学など、比較的に学生さんに任せた職業体験をさせて頂きました。

その中で、当社では日常的に行っている、花壇のお花の入れ替え
手伝って頂いた時の表情が心に焼き付いています。

寒空の下、一生懸命お花の入れ替えをするのは、
日常業務の中でも、1.2位を争う大変な作業だと私は思っております。
しかし、生徒さんは寒さにも負けず、笑顔でお花の入れ替えをしていました。

「なぜ、そんなに楽しそうなの?お花が好きなの?」

あまりに笑顔で、一生懸命作業する姿を見て、
思わず訊ねてしまいました。すると生徒さんは

「だって、植えたお花を見て、少しでも綺麗だなって思ってくれたら嬉しいから」

と、言いました。
少しでも綺麗に見えるようにとお花の入れ替えをしてきましたが、
誰しもが、その大変な作業に少しは「嫌だな」と思ってしまうもの。
まして、職業体験をする生徒となれば、
地味な作業より、もっとやりたい事があったのかもしれません。

しかしそんな中でも、自分なりに1つの仕事に対する意義を見つけ、
楽しみを見出し、『お客様がどう思うか』という事に結びつけた
その考え方に、多くの事を学ばせて頂きました。

体験が終わり、少しでも多くの事が伝えられたかとは思いますが、逆に
私たちが、もう一度初心に帰る良い機会を頂けた、そんな職業体験でもありました。

私たち、相模斎場職員はお客様の笑顔の為に、そして少しでも心が和らぐ瞬間を
作るために、1つ1つ、目に留まりにくい所まで気配りをさせて頂いております。

もし、よろしければ、この相模斎場に是非一度ご来館下さい。

見学、相談、世間話、お茶をしに、どのようなご用件にも
笑顔でご対応させて頂ける、自慢の職員が待っております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔