ブログ


の気配が次第に色濃くなっている今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。相模斎場の倉本です。
気温の変化が激しいですが、お身体を壊さないよう、お過ごし頂ければと思います。

さて、話は変わりますが、今日は10日に栃木県でおこりました、
鬼怒川決壊のニュースについて、取り上げたいと思います。

ニュース・新聞を見て、素直に私が感じたことは「いつ何が起きるかわからない」です。
10分前までは、そこに家があった。10分前まではいつもと何も変わらない日常だった。
何も変わらない日常が、急に変わる。
自然災害の恐ろしさを、今回のニュースで改めて知りました。

「いつ何が起きるかわからない」

自然災害に限らずこのキーワードは、ご葬儀の場面でも見受けられます。

いつ何が起きても対応できるよう、自然災害へは多くの方が、
防災グッズを購入し、準備をしています。
ご葬儀というものに置き換えた時も同様に、いつ何が起きても大丈夫な様に、
何年先の事かわからない事態に備えておく事が必要だと感じました。

しかし、実際に葬儀会場へ相談に行くことに抵抗を感じる方もいるでしょう。
その際には、ご自宅での相談をする事も出来ます。
お時間、場所など相談される皆様の事情に合わせて、ゆっくりとお話をお聞きします。
是非、一度お電話をください。満足のいく相談が、斎場に足を運ばなくても可能です。

また、今月13日には相模斎場にて、個別相談会を実施いたします。
まだ空いているご予約枠もございますので、お気軽にお電話いただければと思います。

私は、ご相談は将来についてお考えいただく場であると同時に、お話の場だとも思っています。
世間話から不安な話、嬉しい話まで、皆様のよりどころとなれるスタッフが
当式場にはそろっていますので、是非一度、式場見学やご相談にいらっしゃってください。

ご不安が少しでも軽くなるよう、全力でお答えさせて頂きます。
皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔