ブログ


暑い日が続く毎日となりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
相模斎場の倉本です。
私はつい先日暑い中、エアコンもつけずに部屋の大掃除をいたしました。
皆様は、マネしないでくださいね。

私の中の大掃除には、部屋の模様替えも含んでいます。
一つ手につけ始めると、大きく変えないと気が済まない性格なんです。
全くもって不便な性格だと自覚しております。

今度式場で私を見つけた人がいたら、
「部屋の模様替えまではしなくていいのでは?」と声をかけてください。

しかし、部屋の模様替えは面白いもので、どうやったら部屋で
過ごしやすくなるのか、どうしたらいかにリラックスできるのか、を
考え始めると止まらなくなり、模様替えに丸一日を費やしました。

長い一日になりましたが、丸一日を使って改造した我が部屋は
本当に満足した出来になり、仕事から帰ってきた後も、
ゆったりと過ごすことが出来ています。

ここで私が何を言いたいかというと、悩みに悩んで決めた事柄は、
悩んだ分だけ自身の満足度は高くなるということです。
自分が納得したものができた時、その結果に至るまでの大変さを
満足感が上回るということでもあります。

私たちが日頃から関わる葬儀という部門は、時間がない中
多くの選択を迫られ、1つ1つ選択をしなければなりません。
短い場合は約1日しかない中で、葬儀に関する全ての事柄を
決定していくのはとても大変です。

私たち相模斎場では月に1度「葬儀展示会」というイベントを開催しています。
葬儀に関するセミナーや葬儀で使用する用品の展示等を行います。
これから先、いつか迎えることになる葬儀の準備の手助けとなれば幸いです。

なかなか、”死”について身近なこととして考えられず、
遠い将来のこと・自分には関係ないことと避ける方のほうが多いかもしれません。
しかし、”死”とは誰しもに、平等に与えられるものです。

自身の最後を考える”終活”とは本当は、どのタイミングでも構わないのです。
10代であろうと90代であろうと、関係はありません。
葬儀について考えることが、時間をさいてでも行う価値があるものと、
気付くことが大切なのだと思います。

きっかけは、どんな些細なことでも構いません。
もし、少しでも将来に不安を抱えたり、一歩を踏み出そうと考えた結果、
どうしたらいいのか、わからなくなった時に相模斎場に
足を運んでいただければと思います。

6月のご葬儀展示会25日(日)に開催予定です。
今回は特別に、相模斎場で6月よりスタートした
オリジナル通夜料理メニュー無料にて提供させていただきます。

“終活”の入り口が”料理”でもいいと思います!!
料理の質は、近年重要視されるかたが増えてきております。

サンライフグループのホテル部 和食料理長と洋食料理長が意見を出し合い、
まったく新しいお葬儀での料理メニューを考えさせていただきました。
ぜひ、一度、ご友人やご親戚、お子さんと
お食事をお召上がりいただければと思います。

もちろん、葬儀セミナーも行っているので、そちらをメインに
お越しいただいてもかまいません。

6月25日 日曜日 10時受付スタートです。
要予約となっていますので、ご連絡お待ちしております。

相模斎場・相模ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場 支配人 倉本 翔
神奈川県相模原市南区古淵3−33−21
042−746−1114