ブログ


こんにちは。相模斎場の倉本です。
日差しが刺すような暑さになってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年はこの分だと熱中症にかかる方も多くなりそうなので、水分補給をこまめにとり、
体調管理には十分気を付けましょう!

さて、本日は熱中症についてお話しいたします。

夏に起こりやすい熱中症。
そもそも熱中症とは、暑い環境の中で身体が暑さに適応できずにおきる症状のことです。

主な症状としてはめまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、異常な発汗、
汗が出なくなる、体温が異常に上昇する…など多岐に渡ります。少し体調が悪いな~、
という場合でも、もしかしたら熱中症になっているのかもしれないと思うと怖いですね。

熱中症である場合、程度によらず適切な措置を取らないと、最悪の場合亡くなってしまう
ことや、脳機能障害などの後遺症を残すこともあるそうです。ですので、くれぐれも
気を付けて、水分補給や適度な休息をとるようにしてください。

さて、気を付けていても熱中症になってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。
熱中症になった時、身体の中では脱水と体温の上昇により血流が低下し、
臓器の機能が上手く機能しない、多臓器不全という状態になっています。

ですので、まずは体温を下げ脱水症状から回復する必要があります。
日陰にて安静にし、太い血管のある首、両脇、足の付け根を冷やしてください。
または水をかける、浸かるなどして体温を下げる方法もあります。
また、意識がある場合は水分補給をしましょう。経口補水液や食塩水が効果的です。
ただし、意識がない場合は気管支などに入り危険ですし、何より命の危険がありますので
ただちに救急車を呼んでください。痙攣症状がある場合も同じです。

水分の補給ができても、手足のしびれ、吐き気、疲労感などの症状が解消しない場合は
医療機関での診察を受けてください。回復できていない可能性があります。

さて、長々と綴らせていただきましたが、熱中症の危険性、対処法はご理解いただけたでしょうか?
このブログを通して、熱中症被害が少しでも減少するよう願っております。
人の体は少しの変化でも死の危険性が伴うことを知っていただければ幸いです。

私たちは、いつどんなことが誰に起こるのか、全く分からないまま生きています。
もし、このブログを機会に終活を考える方がいらっしゃるなら、
7月30日(土)に相模斎場にて、ご葬儀展示会を行いますのでぜひご参加ください。
ご予約・お問い合わせお待ちしております。

相模斎場の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

相模斎場支配人 倉本翔